iCloudについて

 iCloudに課金してみた。手始めに50GBの130円/月のプランで契約した。今までクラウドサービスはなんとなく敬遠していたのだが、使い方がいろいろ思い浮かんだので契約してみた。

 MacBookについては、NASにTime Machineでフルバックアップを取っていたが、重要なデータだけiCloudに保存することにした。また、iPadiPhoneのデータはMacBookに保存するのではなく、iCloudに保存することとした。MacBookの容量をこれでいくらか解放できる。

 iPhoneのストレージを整理してみた。今使っているのは128GBのiPhoneだが、前々から写真とミュージックで55GB近く容量を使っているのが気になっていた。これを整理し終われば、次に手に入れるiPhoneは64GBでもいいかと思った。

 iPhoneの写真は、4000枚ほどで15GBくらいあった。すべて、GoogleフォトにアップロードしてiPhoneからは削除した。元データでは、アップロードに制限がかかってしまうので、やや劣化を飲み込んで無制限でアップロードした。所詮はiPhoneで撮った写真なので、多少は劣化してもいいかと思った。

 端末にあった40GBほどのミュージックはひとまずすべて削除した。と言っても iTunesマッチを使っているので、クラウドにライブラリはある。これからは、よく聴く曲をプレイリスト化してそのプレイリストだけ端末に保存したい。今はSpotifyを主に使っているので、やや面倒である。SpotifyからApple musicに、ライブラリを楽に移せる方法があれば乗り換えたいところ。

 iPhoneから写真とミュージックを解放したことで、50GBのiCloudにバックアップができるのではないかと踏んでいる。