楽しい夏季休暇

7月末に夏季休暇を過ごしたが、その時の様子の記事を投下し忘れていた。

 

1日目

 昼に仕事から上がって大学時代の同期と昼ごはんを食べた。カルボナーラとガトーショコラを食べた。近況について語り合った。

 夜は鮪の刺身用の切り身を買ってきて焼いて食べた。スーパーの安い刺身はそのまま食べるには生臭いが、加熱するとなかなか食べられる味になると思う。ここ最近は、肉よりも魚の気分だ。毎日がご馳走である必要はないと思う。毎日凝った料理はする時間がない。中世ヨーロッパ的な、バゲットに塩気の効いたスープみたいないわゆるsupperで十分かと思う。

 夜は思い立って玄関を掃除した。

 

2日目

 お昼の飛行機で地元に向けて飛んだ。航空券は直前にとったにもかかわらず、片道1万円と格安で、しかも席はガラガラで快適と思った。働きはじめて、はじめて帰省した。働いて得たお金でお土産を買った。夜は家で焼肉を食べた。

 

3日目

 地元のお気に入りの喫茶店をはしごした。mont-bellの折り畳み傘袋を買ってみたが、濡れた傘を入れても水が滲みないので、遠慮なく鞄のなかに入れられるようになった。

 Google マップで街を探索するのが楽しい。食べログなんかよりも素直で本質的な情報が載っている気がする。近所に意外な雰囲気良さげなビストロがあったりして、できれば気のおけない誰かと行ってみたい。

夜はラーメンを食べて、知人と行きつけのbarで飲んだ。

 

4日目

 偶然に見つけた山奥の謎のこじんまりとしたギャラリー兼カフェまでドライブした。山奥すぎて本当に道があっているか不安だった。作家ものの器が並んでいる空間で珈琲を飲んだ。帰りには有名な神社に寄った。小田舎で悠々自適に暮らしたくなった。今まで旅行には全く興味がない人生だったが、遠出も案外良いものだなと思った。今まで無為に過ごしてきた時間がもったいないことと思った。

 

5日目

 車を1時間ほど走らせて海へ行った。海浜公園には誰もいなかった。海岸沿いには釣り人がいた。波の音に耳を澄ませながら、パシャパシャとミラーレスカメラで景色を撮った。夕焼けが見える時間帯に来たらサンセットビーチの趣きあってもっと綺麗なのかもしれない。

 

 

 ポジティヴなことだけ呟きたい。堕落し続けた先に見つかった何かこそが本物なのかもしれない。無意味に意味が宿ることがあるかもしれない。

 お店の営業時間を短縮すると感染拡大予防になるという理論には穴がある気がする。全ての活動を停止して感染を封じ込めるか、多少の犠牲は諦めるかのall-or-nothingでしかないと思う。まあ、頭のいい人たちの考えつくことは理解不能でしかない。意味のあることならどんなに面倒でもやるが、意味のないことはどんなに簡単でもやりたくない。

 

 おいしいパンと珈琲があれば十分だろう。生活のためにお金を稼いでいるのであって、生活に支障が出るほど働くのは本末転倒な状態と思う。

 

 運転免許を更新した。前回の更新では実はうっかり失効していたので累計2回目の初回講習を受けた。ただ、新しい免許証は前の免許証よりも写真の写りが良くて嬉しくなった。

夜は聲の形を観た。何度観ても良い映画だなあと思う。長かった梅雨が明けた。8月もやっていきたい。

最高の連休について

 そろそろ梅雨が明けるのだろうか、日々が少しずつ暖かくなってきている気がする。夏を感じていければなあと思う。

 昨日は当直明けで、今日は完全に休みだった。昨日はいつものbarでウイスキーを3杯飲んだ。実は、味が濃い飲み物が好きなだけであって、必ずしもお酒出なければならない理由はないのかもしれない。明日に半日ほど出勤すれば、来週いっぱいは夏休みなので実質的に6連休となる。帰省をする予定で航空券を取ってあるが、流石になのか異様に安かった。帰省の帰路がてら、どこかに滞在したり観光したりしてもいいかなと思っていたが、まだ何も計画を立てていない。本当は京都あたりを訪れたい。しかし何も計画を立てていないまま、貴重な休暇に突入しつつある。

 今週は比較的に余裕のある日々だったので、前から読みたかった漫画を数冊消化した。漫画を読める精神状態というのは、精神的に余裕があることを示している。休暇中にはうずたかく積まれている読みたかった小説を読み漁る所存。

 Wi-Fiをつかまえるために、いつもスターバックスに足を伸ばす。今週は何回も足を運んでしまった。通な喫茶店で真剣に一杯に向き合うのも乙だが、作業をするならラフなチェーン店に限ると思う。休日は大体、珈琲を飲みながらSpotifyで耳塞いで、本・インターネッツYoutubedアニメストアに興じていることが多い。繰り返す日々に何の意味があるのか不明だが、これで今のところ満足している。

 最近、お気に入りのAesopの香水をつけると肌荒れするようになってきた。地肌につけるのはやめてインナーウェアにつけるようにしたいと思う。

 未視聴だったイエスタデイをうたっての残りを視聴した。やや駆け足な話のまとめ方だと思ったが、全体的にまとまっていて、悪くなかったと思う。各々のベクトルが相反しているような関係性の物語が好きなことを再確認した。

 潔い最小構成の暮らしを手に入れたい。生活に余白が欲しい。

去年の夏、君はどんな日々過ごした?

 今週もなんとか生き延びた。そうこうしているうちに読みたかった単行本が文庫化していることに時の流れを感ずる。特に報われることなく粛々と人生をこなしている。答えのない毎日がただ過ぎることに不安を感じないことはない。強がりながら他人を拒んでいることがある。今日をやり過ごすための嘘を重ねていく。あの時こうしていれば、今も抱えてる後悔はなくなるんだろうか?と思う。

 運転免許の更新の案内が届いた。誕生日が近づいているらしい。

 前の日曜日は日中は勤務だったうえに、今週は夜勤が1回あった。少なくとも13連勤した。過ぎてみればあっという間だが、振り返ってみれば疲労は蓄積されていた。精神的にはまだ大丈夫だが、肉体的に疲れている。勉強しないといけないことが多くて頭が爆発しそうだ。

 ここ最近は雨が降り続いていて心が晴れない。雨の日に飽きた。洗濯物も溜まって大変だ。なんとか夜勤明けにコインランドリーに行って乾燥処理をしていた。なんとか晴れて欲しいものだが。正直、乾燥機付きの洗濯機が欲しくてたまらない。秋は遠く、暑さは続く。

 隙をみて飲み歩いている。お酒は程々にするのがモットーなので2,3杯で退散する。いまはオーセンティックバー、カジュアルバー、ワインバー、アイリッシュパブでローテンションを組んでいる。なお、酔うまでは飲まない。味が好きで飲んでいるので。一生に飲める酒量が有限とすると、安酒を飲んでいる余裕はない。

 丁寧に暮らしたいか別にして、少なくとも丁寧に生きたくある。無印良品の長蛇の会計列に並ぶ暮らしみたいな小手先ではなくて、筋の通った生き方みたいな精神をしゃっきりやっていきたい。無駄を愛する余裕が、人生には必要だ。もう少し人生に真剣になったほうがいい。 

 振り返るに、あの時あれやっておいて良かったなと思うことはあれど、あの時あれをやらなければ良かったなと思うことはない。思い返してみれば、大学6年生が人生で1番楽しかった。殻に閉じこもらずにどんどん挑戦していったほうが、あとあと思い出になるものなのかもしれない。

 幸福は渦中にいても見えず、後方視的にしか認識できないものなのかもしれない。毎日をちょっとした幸福で上書きしていければなあと思う。精神の依存先は分散させておいたほうがいい。完全なものはすぐ壊れてしまうから。

 ユニクロのエアリズムコットンTシャツがさらさらの触り心地でおすすめだ。最近はteatoraのdevice coatを買った。

 夏の傾向と対策を立てたい。夏の思い出をたくさん作りたい!

原点回帰する場所


 最近は電子書籍による読書から遠ざかっていた。というのもiPadはやはり、片手で持つには大きすぎて、それで読む気が失せていた。というわけで、iPhoneKindleに本を入れてみたところ、布団に寝転がりながら片手で読めてしまうので、いくぶん読書が捗るようになった。読書といっても何のことはない、くだらないライトノベルを読んでいるだけであるが。
 労働については、今週は当直が2回あって大変だった。明けは昼過ぎには帰れたのが救いであったが。仕事は忙しいと疲れるが、嫌な疲れ方ではなくて、できることが増えていることに充実感を覚えて疲労している感じだ。意外と労働に向いているのかもしれないし、向いていないのかもしれない。
 日々忙しくしていると、ともすればすっかり忘れてしまいがちではあるが、時折、何を目的に生きているのか分からなくなることがある。いろいろ見失う。見失うなかにも立ち帰れる何か、ぶれない軸とか原点回帰する居場所とかが欲しいなと思う。初心ほど大事なものはない。いまは家と職場の往復だけど、気分を上昇させるために、せめて着るものにはこだわっていたい。

  昨日の土曜日はやはり、昼から出かけた。行きつけの喫茶店①に行こうとしたら、満席で断られてしまった。今度は席予約しようと心に誓った。それで、行きつけの喫茶店②に足を運んだらまあまあ空いていた。ゆっくりして、夜ご飯はおにぎり屋さんで漬けマグロ丼をmogmogした。そのあとはbarへ足を運んだ。
 今週は明けの日などを利用して3回ほどbarで酒を飲んだ。1件は新規開拓したbarであったが、残念ながらあまり肌に合わなかった。オーセンティックを売りにしているらしいが、所作と雰囲気の作られてる感に偽物感を感じてしまった。

 アイコンとか形としてのマスクを求められる場面に辟易としてしまう。マスクには効果があるのかもしれないし、ないのかもしれない。飲食店の席間隔を空けるのも実は焼け石に水と思う。何か対策をアピールせずには批判を避け得ないという事情は分かるけれども。 

 ただただ合理的に生きていきたいので、中身のないことをさも中身があるかのように訴えられるのが苦手なのだ。コラーゲンが含まれているサプリメントですり減った関節軟骨が修復されるわけがないのと同じで。泥で遊ぶのは大概にしたほうがいいだろう。

梅雨入りして洗濯物の行き場がない

 いよいよ梅雨入りしてしまった。働いていると、おいそれとコインランドリーに行くのも億劫で洗濯物が溜まる一方だ。蒸し暑くていよいよ冷房もつけることがあった。

 Googleフォトを整理していた。過去にiPhoneやミラーレスで撮った写真を見返して、懐かしい気持ちに浸った。まるで失敗みたいな写真、ルーティンで撮っている自炊の写真、何の変哲もない部屋の写真、どれもいま見返すと、とめどなくも感慨深い。あのころの記憶と一緒に思い出す。写真はいい。何気ない写真が無駄になることはなくて、たくさん残すほどいいらしい。これからも日常をスナップしてアーカイブしていく。

 仕事は無難にこなしている。最近は定時で上がれることが多くて嬉しい。活字に触れたり、軽く飲みに行ったりするようにして、うまく労働との距離を保ちたい。手始めにライトノベルを読んでいこう。

 

 土曜は昼まで勤務して、雨が降りしきるなか外出した。Apple Storeに寄った。行きつけの喫茶店にも久しぶりぶりに寄った。常連に配ってるという席予約ができるカードを貰って、常連と認定されていることを知った。行きつけのセレクトショップに寄ってパンツを買った。綿とナイロンの混紡のシャリ素材で、さらさらのドレープが涼しげな、ダークブラウンのワイドパンツを買った。夜は行きつけのバーが開くのを待っていたが、開かなかったのでおとなしく帰宅した。ご飯はコンビニのおつまみチキンとミニサラダで済ませた。

 今日は、朝から二度寝してしまった。先週に作った眼鏡の配送を受け取った。マクドナルドでご飯を食べた。夕方から夜勤の仕事に向かうので、少し憂鬱を感じる。

 

 老いることについては、如何ともし難いことが多くて困る。なるようにしかならない気がするが。こと病院で働いていると人間に寿命があることを思い出す。老いて壊れる人間は病院というブラックボックスで目隠しされていて、みんな知らぬ振りをしている。誰もが老いるのに。遠からず死ぬというとに、やりたくないことを我慢して続けて、やりたいことを後回しにしている暇はない。一刻も早く、理想の奴隷から自立しよう。

 メタな視点でラブコメを俯瞰している。非実在美少女に心酔して萌えているわけではない。一見、繰り返しの定型的なラブコメこそ、各々の微妙な差異が光ってみえて、個性が垣間見える。まるで勧善懲悪の時代劇を観ているように、お決まりのお作法から得てして型は破れるものなのだ。

 クレジットカードのポイントに踊らさせるのは格好悪い。たしかに世の中は損得勘定で動いているが、理性と損か得かだけで割り切れないのが感情を持つ人間たちと思う。

気付いたら朝になっている

 今週はほどほどの負荷の仕事をほどほどにこなした。ただ夕食を済ませて気付いたら朝まで寝ているパターンが多かった。

 帰りが遅い日も多かったのでコンビニの惣菜にもお世話になった。コンビニでサラダとレンチンで食べられるおかずを買い、家でサトウのご飯を温めて簡易な夕食とした。これでも外食よりも塩分控えめで、野菜も摂れて健康的かと思っている。

 近所のバーにも行ってみた。久しぶりに行ったのに、顔を覚えてもらっていた。ジントニックタリスカーの限定ボトル、ポートシャーロットのハンドフィルボトルを飲んだ。店内はガラガラであった。

 新たに近所にできたワインバーも冷やかしてみた。近所のチーズ屋さんが手がける自然派ワインバーである。ワインは詳しくないが、リーズナブルなテーブルワインをグラスで3種類飲んだがどれも美味しかった。チーズ盛り合わせも美味しかった。店長ともコミュニケーションが取れた。

 昨日は土屋鞄で財布をマネークリップに新調した。眼鏡は金子眼鏡で銀縁の丸眼鏡に新調した(仕上がりは来週らしい)。知人と会ってお茶をしばいた。馴染みの喫茶店にも久しぶりに足を運んだ。

 マネークリップは調子がいい感じだ。iPhoneくらい薄くて、ポケットに入れても全く違和感がない。入れているのは現金しか使えない店に行ったとき用のお札、デビットカード2枚、キャッシュカード1枚、ポイントカード1枚、身分証1枚である。基本的にiPhoneに入れているSuicaデビットカードで支払う。どうしてもダメならお札で払う感じだ。小銭を分離するだけで財布がミニマルになった。

 眼鏡は今まで入れていたレンズは度が強めで、近くを見るのに目が疲れていたので、少し弱めに作ってもらった。 

忙しい時ほど丁寧に急ぎたい

 今週も忙しくてあっという間に過ぎてしまった。しかし、夜はほぼほぼ自炊できたので我ながら偉いなあと思う。

 今週は給料日だった。いったい週に何時間働いているのかカウントできておらず、労働時間に比例してるのかよくわからぬまま、ただ、口座の数字が増えるだけであり特に感慨はない。あとは特別給付金の10万が振り込まれていた。使い道は特に決めていないが、新しい眼鏡がちょうど欲しいなと思っていたところだった。そろそろ外出制限とやらも解除されてきた頃合いなので来週の末あたりは外出したい。

 土曜日は当直で、しかも死ぬほど忙しかった。結局、2時間ほど仮眠を挟んで4時に起こされて9時に仕事が終わってから控室のソファで昼過ぎまでドロドロになって寝ていた。作業をこなして退勤したのが16時前でもう日曜も終わりかけ。土曜の当直は日曜が潰れるので良くない。出かけられなかったが、なんとかスーパーに寄ってロースターでコーヒー豆を仕入れた。

 そして、次の労働がはじまるのです。