原点回帰する場所


 最近は電子書籍による読書から遠ざかっていた。というのもiPadはやはり、片手で持つには大きすぎて、それで読む気が失せていた。というわけで、iPhoneKindleに本を入れてみたところ、布団に寝転がりながら片手で読めてしまうので、いくぶん読書が捗るようになった。読書といっても何のことはない、くだらないライトノベルを読んでいるだけであるが。
 労働については、今週は当直が2回あって大変だった。明けは昼過ぎには帰れたのが救いであったが。仕事は忙しいと疲れるが、嫌な疲れ方ではなくて、できることが増えていることに充実感を覚えて疲労している感じだ。意外と労働に向いているのかもしれないし、向いていないのかもしれない。
 日々忙しくしていると、ともすればすっかり忘れてしまいがちではあるが、時折、何を目的に生きているのか分からなくなることがある。いろいろ見失う。見失うなかにも立ち帰れる何か、ぶれない軸とか原点回帰する居場所とかが欲しいなと思う。初心ほど大事なものはない。いまは家と職場の往復だけど、気分を上昇させるために、せめて着るものにはこだわっていたい。

  昨日の土曜日はやはり、昼から出かけた。行きつけの喫茶店①に行こうとしたら、満席で断られてしまった。今度は席予約しようと心に誓った。それで、行きつけの喫茶店②に足を運んだらまあまあ空いていた。ゆっくりして、夜ご飯はおにぎり屋さんで漬けマグロ丼をmogmogした。そのあとはbarへ足を運んだ。
 今週は明けの日などを利用して3回ほどbarで酒を飲んだ。1件は新規開拓したbarであったが、残念ながらあまり肌に合わなかった。オーセンティックを売りにしているらしいが、所作と雰囲気の作られてる感に偽物感を感じてしまった。

 アイコンとか形としてのマスクを求められる場面に辟易としてしまう。マスクには効果があるのかもしれないし、ないのかもしれない。飲食店の席間隔を空けるのも実は焼け石に水と思う。何か対策をアピールせずには批判を避け得ないという事情は分かるけれども。 

 ただただ合理的に生きていきたいので、中身のないことをさも中身があるかのように訴えられるのが苦手なのだ。コラーゲンが含まれているサプリメントですり減った関節軟骨が修復されるわけがないのと同じで。泥で遊ぶのは大概にしたほうがいいだろう。

梅雨入りして洗濯物の行き場がない

 いよいよ梅雨入りしてしまった。働いていると、おいそれとコインランドリーに行くのも億劫で洗濯物が溜まる一方だ。蒸し暑くていよいよ冷房もつけることがあった。

 Googleフォトを整理していた。過去にiPhoneやミラーレスで撮った写真を見返して、懐かしい気持ちに浸った。まるで失敗みたいな写真、ルーティンで撮っている自炊の写真、何の変哲もない部屋の写真、どれもいま見返すと、とめどなくも感慨深い。あのころの記憶と一緒に思い出す。写真はいい。何気ない写真が無駄になることはなくて、たくさん残すほどいいらしい。これからも日常をスナップしてアーカイブしていく。

 仕事は無難にこなしている。最近は定時で上がれることが多くて嬉しい。活字に触れたり、軽く飲みに行ったりするようにして、うまく労働との距離を保ちたい。手始めにライトノベルを読んでいこう。

 

 土曜は昼まで勤務して、雨が降りしきるなか外出した。Apple Storeに寄った。行きつけの喫茶店にも久しぶりぶりに寄った。常連に配ってるという席予約ができるカードを貰って、常連と認定されていることを知った。行きつけのセレクトショップに寄ってパンツを買った。綿とナイロンの混紡のシャリ素材で、さらさらのドレープが涼しげな、ダークブラウンのワイドパンツを買った。夜は行きつけのバーが開くのを待っていたが、開かなかったのでおとなしく帰宅した。ご飯はコンビニのおつまみチキンとミニサラダで済ませた。

 今日は、朝から二度寝してしまった。先週に作った眼鏡の配送を受け取った。マクドナルドでご飯を食べた。夕方から夜勤の仕事に向かうので、少し憂鬱を感じる。

 

 老いることについては、如何ともし難いことが多くて困る。なるようにしかならない気がするが。こと病院で働いていると人間に寿命があることを思い出す。老いて壊れる人間は病院というブラックボックスで目隠しされていて、みんな知らぬ振りをしている。誰もが老いるのに。遠からず死ぬというとに、やりたくないことを我慢して続けて、やりたいことを後回しにしている暇はない。一刻も早く、理想の奴隷から自立しよう。

 メタな視点でラブコメを俯瞰している。非実在美少女に心酔して萌えているわけではない。一見、繰り返しの定型的なラブコメこそ、各々の微妙な差異が光ってみえて、個性が垣間見える。まるで勧善懲悪の時代劇を観ているように、お決まりのお作法から得てして型は破れるものなのだ。

 クレジットカードのポイントに踊らさせるのは格好悪い。たしかに世の中は損得勘定で動いているが、理性と損か得かだけで割り切れないのが感情を持つ人間たちと思う。

気付いたら朝になっている

 今週はほどほどの負荷の仕事をほどほどにこなした。ただ夕食を済ませて気付いたら朝まで寝ているパターンが多かった。

 帰りが遅い日も多かったのでコンビニの惣菜にもお世話になった。コンビニでサラダとレンチンで食べられるおかずを買い、家でサトウのご飯を温めて簡易な夕食とした。これでも外食よりも塩分控えめで、野菜も摂れて健康的かと思っている。

 近所のバーにも行ってみた。久しぶりに行ったのに、顔を覚えてもらっていた。ジントニックタリスカーの限定ボトル、ポートシャーロットのハンドフィルボトルを飲んだ。店内はガラガラであった。

 新たに近所にできたワインバーも冷やかしてみた。近所のチーズ屋さんが手がける自然派ワインバーである。ワインは詳しくないが、リーズナブルなテーブルワインをグラスで3種類飲んだがどれも美味しかった。チーズ盛り合わせも美味しかった。店長ともコミュニケーションが取れた。

 昨日は土屋鞄で財布をマネークリップに新調した。眼鏡は金子眼鏡で銀縁の丸眼鏡に新調した(仕上がりは来週らしい)。知人と会ってお茶をしばいた。馴染みの喫茶店にも久しぶりに足を運んだ。

 マネークリップは調子がいい感じだ。iPhoneくらい薄くて、ポケットに入れても全く違和感がない。入れているのは現金しか使えない店に行ったとき用のお札、デビットカード2枚、キャッシュカード1枚、ポイントカード1枚、身分証1枚である。基本的にiPhoneに入れているSuicaデビットカードで支払う。どうしてもダメならお札で払う感じだ。小銭を分離するだけで財布がミニマルになった。

 眼鏡は今まで入れていたレンズは度が強めで、近くを見るのに目が疲れていたので、少し弱めに作ってもらった。 

忙しい時ほど丁寧に急ぎたい

 今週も忙しくてあっという間に過ぎてしまった。しかし、夜はほぼほぼ自炊できたので我ながら偉いなあと思う。

 今週は給料日だった。いったい週に何時間働いているのかカウントできておらず、労働時間に比例してるのかよくわからぬまま、ただ、口座の数字が増えるだけであり特に感慨はない。あとは特別給付金の10万が振り込まれていた。使い道は特に決めていないが、新しい眼鏡がちょうど欲しいなと思っていたところだった。そろそろ外出制限とやらも解除されてきた頃合いなので来週の末あたりは外出したい。

 土曜日は当直で、しかも死ぬほど忙しかった。結局、2時間ほど仮眠を挟んで4時に起こされて9時に仕事が終わってから控室のソファで昼過ぎまでドロドロになって寝ていた。作業をこなして退勤したのが16時前でもう日曜も終わりかけ。土曜の当直は日曜が潰れるので良くない。出かけられなかったが、なんとかスーパーに寄ってロースターでコーヒー豆を仕入れた。

 そして、次の労働がはじまるのです。

 

そこそこ充実した休日

 そこそこに充実した休日だったと思う。昨日は夜勤明けだったので早くに寝てしまい、今朝は8時くらいに起きた。夜勤には慣れてきた気がする。朝から洗濯物を取り込んだりの家事をしたり、アニメを観たりしていた。アニメはイエスタデイをうたってを観ている。物語も折り返し地点に入ってきたようだ。賃貸の契約更新の年なので、更新料6万円を収めた。書類も投函した。

 10時くらいに思い立って出かけ、無印良品で靴下、ピンチ、小物入れなどを購入。UNIQLOで下着を購入。久々にマクドナルドでハンバーガーを食べた気がする。仕事関係の勉強を少々した。あとは五等分の花嫁の最終巻を読んで感動した。

 2時過ぎには喫茶店に行ってシフォンケーキを食べた。スーパーに寄りながら帰宅した。帰宅してゆっくりし、おもむろに外出して夕食は外食した。

 いまはシーバスリーガル12年のソーダ割りを飲みながらこの記事を書いている。明日はカンファレンスの準備があるので、7時には出勤する予定。

仕事で忙しい

 今週は最高に忙しかった。当直もはじまっている。毎週、日勤→当直→日勤の連鎖ができる日があって32時間連続勤務が完成する。当直は救急車とwalk inの対応をするが、断続的に患者が来ると寝れたものではない。代休はない。と言っても一応、当直明けは帰っていいことになっているのだが、その日の仕事が残っているとまあ帰れない。

 仕事には徐々に慣れつつある。今までは何がなんだかわかっていなかったのだが、ようやく業務の流れみたいなものが分かるようになってきた気がする。何かがアンコントローラブルであることほどストレスなことはない。いまはどういう業務がどういう内容でどれくらい時間がかかるのか分かってきた感じ。

 朝も早くに出勤しているので、軽く業務時間をカウントしてみたところ週65時間ほど稼働している計算になっている。これはいわゆる残業月100時間ペースである。過労死ラインなる意味がようやく分かった。確かに、この生活が続くのはきつい。驚くべきことは、これでも暇な病院に勤めているらしいことだ。日々の業務とその勉強だけで疲弊しているが、別の勉強やら、論文の抄読会の当番が回ってきたりして大変である。

 普通に生活が労働で破壊されている気がする。寝て起きて通勤するだけのルーティンワーク。趣味や人生を充実させる間などない。睡眠と食事だけは勤めて確保するようにしている。おしまいです。

物事に優先順位をつけよう

 magic mouseを購入し、better touch toolというMac向けのショートカットアプリを導入してみた。magic mouseは家電屋さんに見にいったが在庫はなくて、iMacの横に置いてあったので触っていいものだなと思って注文したら、一日で届いた。さっそく開封して使っているが、やはり触覚によるジェスチャ機能がとても便利だ。手でmacを扱っているかのよう。MacBook Airを使っているのでトラックパットもあるが、それはそれとしてマウスもあると便利っぽい。

 合理性を重じて日々過ごしている。無駄なことが嫌いなのかもしれない。どうでもいいことに時間を割きたくないが、やらなければならない(やりたい)ことには時間をたくさん割きたい。部屋をシンプル(ミニマルではなく、あくまでシンプル)にしたり、家事や料理を簡素化したいのは、思考と行動の再現性を高めて効率をあげたいからだ。

 一方で娯楽は、急を要さないがあると楽しい。合理化をはかりつつ、無駄を愛してあげる余裕が欲しい。無駄に見える無駄にこそ、生きている本質が宿ることがあるのではなかろうか。

 合理化と無駄を両立するには、取捨選択をしていく必要がある。あれもやりたいしこれもやりたいところではあるが、緊急の用事と緊急ではないがいつかやったほうがいい用事を明確にして片付けて行きたい。

 最近、蒸し鶏を作るのに熱を上げている。時間短縮のために150W数分で余熱して室温に戻しておいた鶏胸肉を、空気を抜きながらポリ袋に入れて口を縛り、炊飯器に熱湯で沈めて1時間ちょっと保温するといい感じの蒸し鶏になる。カレー、炒め物、サラダ、何に添えてもいいだろう。

 ここ最近暇だった仕事が、夜勤もはじまってにわかに忙しくなってきた。ブログは短くてもいいから毎週書いて生存報告としたい。