アニメと冬服について

 ここ数日は、アニメーションをたくさん観ていた。最近はアニメーションを新規に開拓するエネルギーがいまいちなかったのだが、うまく波に乗れると、観れるようになる。色づく世界の明日から、というアニメを完走した。P.A.WORKSが得意とする、青春ラブコメである。去年少し観て挫折したが、いま改めて、通して観るとおもしろかった。登場人物たちをもっと深掘りして欲しい感があってストーリーは物足りなかったが、作画や音楽を含む設定や世界観が好きであった。

 PSYCHO-PASSの3期に追いついた。世界観はそのままだが、脚本がいまいちな感がある。しかし、PSYCHO-PASSが醸す雰囲気が好きなので観ている。

 俺を好きなのはお前だけかよ、はストーリーが面白い。既存のラブコメのエッセンスを、あからさまにメタな視点で統合してある。キャラクターたちも可愛い。

 アサシンズプライド、はベタなバトル系ラノベ原作アニメ。こういうのはキャラクターに余程の魅力がなければ、少し食傷気味かもしれない。世界観は壮大に見せかけて、ちゃちな作画の殺陣はそんな面白く思わないので。

 アニメを観るうちに、プロジェクタがうちにあると便利かなと思った。調べるにプロジェクタは、光量が著しく低い中華製粗悪品を除いて、ある程度の質を求めると5万円くらいしてしまうらしい。機能としては単純なのに、そこそこなディスプレイくらい高いのかと思った。

 

 寒くなってきたので、冬服について考えていた。ロングコートは、徒歩なら格好いいが、自転車に乗っていると邪魔に思う。前がガバッと空いたロングコートは、寒風が吹き込んでいくら着込んでも寒かろうと思う。思うに、ハードシェルにインナーダウンが最適解だ。ただハードシェルを買う財政的余裕はないので、手持ちのグレーの綿パーカー、モッズコート、レザーブルゾンを軸に代用しようと思う。インナーダウンは実は去年買ってみたのだが、シーズン終盤に小さな穴が空いてしまい、羽毛が漏れてしまうようになって、だんだん使わなくなった。買い直すべきだろうかを様子見している。

 UNIQLOのボアパーカーが安くなってみたので買ってみた。実はボアパンツは去年から使っていて、良かった。ボアパーカーも暖かくて、良い感じだ。これがあれば冬場も暖房をつけっぱなしにせずに済むかもしれない。

 

 忙しいと、忙しさを理由にして、とかく読みたい本を読むのを後回しにしてしまう。しかし、時間はあるものではなく、産むものであるから、忙しさにかまけてはいられなく思う。アウトプットもそうである。せっかく読むのだから、何か書き記してみたい。生産、消費、休暇。黄金のトライアングル。