本を売った

 今まではなんとなく、読んだ本や漫画などの書籍は全て本棚に並べてアーカイブしておかなければならない、という強迫観念があったが、思い切って本を手放すことにした。たまに実家に読み終わった本を送って手持ちの書籍を減らすこともあったが、それでも手元には500冊くらいある。

 最近になって電子書籍に切り替えたことが、本を減らそうと思うきっかけになったかもしれない。だんだん本は質量を持つものという固定観念がなくなってしまった。電子書籍のデータなら、購入履歴からいくらでも後からダウンロードし直せる。

 読んだ本についてはここ数年は全て読書メーターに登録している。売った本でどうしてもまた読みたくなったものがあったら、再ダウンロードするように調べてまた買いなおせば良いかと思っている。

 装丁が綺麗な本を眺めていたい欲はある。しかし、読書論として本は読んで頭のなかに入れてこそはじめて価値があるものと思う。読み返しもしないのに、買い物依存的な収集癖で積み上がった本の山を、所詮、自己満足的に眺めるだけの本や本棚は実用的ではないと思う。

 今回は手始めに100冊ほど本を売ってきた。ただし、また読み返したいと思うくらい良かった本は手元に残した。今後は厳選と濃縮を繰り返して、マイ本棚には自分が本当に気にっているベストオブベストの本を残すことにしたい。