苦くて甘い

近況報告

 今週も忙しく過ぎていった。2月ももう半分過ぎていることに驚いてしまう。水曜日には健康診断があった。健康診断では、いつも血圧に着目している。去年は収縮期血圧が140mmHgを超えており、高血圧の判定であったと記憶している。翻って今年は収縮期126mmHg、拡張期89mmHgであり正常範囲内であった。血圧が低下したのは、たまたま低い値が出たのか、ここ一年で外食の頻度を減らして自炊にシフトしている効果が出ているのかどうかは分からない。日本人は平均して1日11gの塩分を摂取しているそうだが、厚生省基準だと8g、WHOなどの国際基準だと5〜6gに抑えるべきらしい。ちなみに醤油大さじ1に塩分は2g含まれている。うちでは減塩醤油を使っており、味付けもなるべく薄くするか、砂糖やみりんを多目に加えて甘みで薄味を誤魔化そうと試みている。

 週末について。土曜日は二度寝の末、昼前に起床した。溜まった皿洗いやら洗濯物やらの家事をこなした後、近くのパン屋でタンドリーチキンのサンドイッチとあんぱんを買ってきて食べた。しばらくアニメを観た後、食料を買い出しに行った。帰ってきてアスパラの肉巻き、副菜にオクラと納豆の和物を作って食べた。その後は何をしていたのか記憶にない。

 今日は二度寝の末、9時過ぎに起きた。出かける準備をして秋葉原へ。いつものカッフェにてコーヒーを啜りながら本を読んだ。次に同人ショップをいくつか冷やかし、モスバーガーで昼食とした。その後は知人と待ち合わせ、ボカロ系のクラブイベントに行った。1番手のDJが、ボカロが全く関係ないドラムンベースばかりかけており、一瞬ハズレのイベントかと思ったが、続くDJ陣はまあまあだった。特に5番手のDJは往年のアンセムを連打してくれて高まった。6時過ぎには退場し、夕食として帰宅の運びとなった。

f:id:nyaa0805:20180218221817j:plain

 

考え事

 奨学金破産が増えているらしい。なるほど長生きして子供をもうけると仮定すると、安定した職に就かなければならない。安定した職を得るには学歴があったほうが有利なので、奨学金を借りて大学に行くという。しかし、そもそも必ずしも長生きしたり子供をもうけたりする必要があるのだろうか。やりたくもないことを我慢してやってだらだら生きる人と、やりたいことをやってあっさり死ぬ人とではどちらが幸福なのだろうか(もちろん、やりたいことをやって長生きできれば言うことはないが)。

 大雑把に睡眠に1日の1/3、労働に1日の1/3を費やすとして、ただでさえ1日の可処分時間は多く見積もっても8時間しかない。いまいち興味が湧かず、給料も良くない仕事に就いたとして、毎日8時間を無駄にし続ける勇気はない。

 いや、そもそも生きるのは金ばかりかかってコストパフォーマンスが悪すぎるのではないか。自分は死後の世界はないと思う主義なので、死んだら葬式代がちょっとかかるだけで、後は損切りすることができると思う。これまで育つのにかかった費用を心配する人がいるかもしれないが、コンコルドの誤りに示されるように、サンク・コストに執着するのは得てして合理的ではない。遺された人たちは悲しむとよく言うが、死んでしまっては遺された人たちが悲しんでいるかどうかを知る方法がないので、それは誤差みたいなものだと思うのだが。

 

読書

 ライトな百合漫画。

私は君を泣かせたい 1 (ヤングアニマルコミックス)

私は君を泣かせたい 1 (ヤングアニマルコミックス)