物事に優先順位をつけよう

 magic mouseを購入し、better touch toolというMac向けのショートカットアプリを導入してみた。magic mouseは家電屋さんに見にいったが在庫はなくて、iMacの横に置いてあったので触っていいものだなと思って注文したら、一日で届いた。さっそく開封して使っているが、やはり触覚によるジェスチャ機能がとても便利だ。手でmacを扱っているかのよう。MacBook Airを使っているのでトラックパットもあるが、それはそれとしてマウスもあると便利っぽい。

 合理性を重じて日々過ごしている。無駄なことが嫌いなのかもしれない。どうでもいいことに時間を割きたくないが、やらなければならない(やりたい)ことには時間をたくさん割きたい。部屋をシンプル(ミニマルではなく、あくまでシンプル)にしたり、家事や料理を簡素化したいのは、思考と行動の再現性を高めて効率をあげたいからだ。

 一方で娯楽は、急を要さないがあると楽しい。合理化をはかりつつ、無駄を愛してあげる余裕が欲しい。無駄に見える無駄にこそ、生きている本質が宿ることがあるのではなかろうか。

 合理化と無駄を両立するには、取捨選択をしていく必要がある。あれもやりたいしこれもやりたいところではあるが、緊急の用事と緊急ではないがいつかやったほうがいい用事を明確にして片付けて行きたい。

 最近、蒸し鶏を作るのに熱を上げている。時間短縮のために150W数分で余熱して室温に戻しておいた鶏胸肉を、空気を抜きながらポリ袋に入れて口を縛り、炊飯器に熱湯で沈めて1時間ちょっと保温するといい感じの蒸し鶏になる。カレー、炒め物、サラダ、何に添えてもいいだろう。

 ここ最近暇だった仕事が、夜勤もはじまってにわかに忙しくなってきた。ブログは短くてもいいから毎週書いて生存報告としたい。