熱海旅行

 一泊二日で熱海へ旅行した。熱海へ行くのはちょうど、5年ぶりだろうか。朝は8時半に家を出て、昼ごろに熱海へ到着した。おもむろに、昼食に海鮮丼を食べる。海鮮は10種類くらい載っていて豪勢だった。惜しむらくは山葵を醤油に溶かしすぎて、食べるのが辛かったこと。でも、満足していた。次に海を見てまわった。海はそんなに綺麗という水質ではないわけだが、波打ち際にいるだけで、なんだか心が洗われる気がした。夕暮れどきはサンセットが見えて綺麗かろう。背景にはホテルの群れが見える。熱海はレトロな建物群に惹かれる。

 その足で、熱海銀座なる商店街を巡った。平日ゆえに人通りも少なく、やや寂れているかなと感じるほど。時間もおやつ時だったので、評判の純喫茶に入った。店内はガラガラで、年季が入っていた。ここはコーヒーはもちろん、なんとなしに注文したオールドファッションなプリンのパフェが美味しかった。舌触りのざらついており、濃厚な甘みのカラメルがかかって生クリームが添えられていた。

 程よい時間となったので、宿にチェックインした。素泊まりにしてはやや高めの宿なだけあって、部屋はもったいないくらいに広かった。おもてなしも良い。宿に荷物を置いて、旅館にありがちな例の間でiPhoneを見ながらぼうっとする。旅先でぼうっとすることほど楽しいことはない。夕食は近くのハンバーガー屋さんでマグロのハンバーガーを食べた。夜は、熱海を一望できる露天の温泉に入った。風呂から上がってコンビニで雑に買ってきたビールを飲む。間もなく眠気に誘われて寝てしまった。翌日も露天の温泉に入った。前の晩には暗くてはっきり見えなかった、広すぎる海と街並みを一望できる風呂に大満足した。

 身支度を済ませてチェックアウトした。まっすぐ横浜を目指す。横浜では、まず三渓園という、渋すぎる庭園を巡った。昼になったので中華街へ移動し、適宜食べ歩く。元町を散策しながら、喫茶店に入りコーヒーとチーズケーキをいただいた。程なく横浜を去り、帰路へついた。家に帰ってからは、スーパーで買ってきたお好み焼きを食べたらそのまま朝まで寝てしまっていたようだった。