これで最後

 週末に医師国家試験を受験してきた。マークばかりの試験を2日かけて400問解く。これで、6年に及ぶ大学生活に区切りがついた。一応、卒業も確定しているらしい。

 試験1日目の前日にビジネスホテル入りした。早めに着いたので知人と部屋で軽くテキストを見返しながら時間を潰した。食事を済ませて夜は、景気付けにと思って買ってきたビールを飲んで寝た。が、浅い睡眠のまま朝を迎えた。朝は寒い。一駅ぶんを歩いて会場入りする。不思議と、緊張感は全くなかった。試験は開始前の説明が冗長すぎて、集中力を削がれた。試験が始まって欲しくて仕方なかった。実際問題を解くに、例年通りの難易度であって、淡々と解けて時間も余り過ぎるくらい余った。休み時間にはやはり知人と合流して、軽く答え合わせをする。自分の答案は大きく外れていないと分かって自信がついた。朝から晩まで試験を受けて疲れてしまったが、ルーティンどおり1日目の夜も軽くテキストの復習をして、やはりビールを飲んで寝た。2日目の出来はかなり良かった。最後の科目までつつがなくこなして、2日にわたる試験が終了した。夜は飲み会に参加して、ヘトヘトになりながら日付を跨いで帰宅。今日になって自己採点を行ってみても、蓋を開けてみれば余裕の点数だった。

 実は年末に帰省してから勉強時間が激減していたので、いささか心配ではあった。勉強時間が0の日が何日もできてしまった。これで駄目ならどうしろって、というくらいの勉強は重ねていたが、ある程度のところまで勉強が完成してしまうと、勉強に対する興味がなくなってしまったのだった。詰めが甘いとも言える。いつも詰めを甘くして過ごしている気がする。直前期の勉強は切り捨てが肝心だと思う。あれもこれもなんてどうせできやしないのだから。切羽詰まっている感じではなかったので、昼間は勉強するとして、休みの日を作ったり、夜は趣味の読書に興じるなどして、我慢しすぎずに精神衛生を保った。

 4月に働くまで何をして過ごそう。お金もなければ誘われることもなかったので、ひとつ旅行に行くくらいしか計画がない。明日にかけて、休みの計画、休みにやりたいことリストを作りたい。といってもこれといって我慢をしてたわけではない受験だったので、これといってやりたいことがあるわけではないが。強いて言えば、人と会いたい。直前期に追い込みをかける知人のあの姿を横で見ていなかったら、危うく失速して停止していたかもしれない。

 ああ人間との繋がりって大事なんだなあと実感した。