本を見繕う

 積読を読んで片付けていた。奥付の印刷日をみると、8年前の本までも積んであったようだった。買ったはいいものの、当時はいまいち読む気が起きなかった本たち。いま読むと充分に面白い本たちで、当時の本を選ぶ感性にも狂いはなかったことがわかる。

 積読が溜まったときは、読みもしないのにこんなにたくさん買って、と自己嫌悪することもあったが、時を超えてあのとき買っておいてよかったなと思うときが来るみたいだった。読みごろまで、本(と読み手)を熟成せしめたとも言える。とすると、財布とは相談するとして、積むことにはそんなに悲観的にならなくていいのかもしれない。

 

 昨日は本を買うのに、2時間ほど本屋をうろうろしてしまった。

 目星をつけていた本を在庫検索機で探し、在庫の存在を確認して目的の書架に向かうも、本は見当たらない。よくあることだ。こういうときは平積みの台にあったりするはずなのだが、平台にもなかった。在庫有り表示の本は、どこへ消えてしまったのだろう。

 やむなく次点で読みたかった本を探す。ハードカバーなのでやや値段がするようだ。ハードカバーの本は装丁が好きて行間にスペースがあって読みやすいことが多いが、いかんせん大きくて持ち運びが不便だ。かさばりもする。

 となると、いっそ電子書籍で買ってしまうのもありなのかもしれない。電子書籍は易し。味気なくも、在庫がないことがない。

 結局、並んでいる文庫本を適当に見繕うことにした。感性と作家を信じて、裏のあらすじを流し読みして手に取る。おもむろに目的外の本を手に取ると、新たな出会いがあることもあるものだ。