生活を工夫した

 今使っている財布の前に、jacouの長財布を使っていた。jacouは、革小物のハンドメイドブランドである。これに出会ったのは、近所のアンティークの家具屋さんのショーケースで、である。手にとったときはのっぺりとした革だったのに、だんだんとエイジングを経て柔らかくて光沢のある表情をみせていた。しばらく気に入って使っていたが、いつか返しのついた(返しがついていると取っ手がないと開かない)ファスナーの取っ手が折れて取れてしまい、そのあとキーリングをつけて処置していたが、なんやかんや使わなくなってしまっていたのだった。最近思い立って、メーカーに修理を依頼してみることにした。なんと保証書カードさえあれば、期限はなく無償で修理してくれるとのことだった。さっそくメールでのやり取りを経て、修理を依頼した。結局ファスナーごとの交換となった。2週間ほどで、件の財布が送られてきた。元通りであった。懐かしくなって、また財布にお金とカード類を詰めてみた。1万円札がぎりぎり入る、コンパクトな長財布だ。革に穴が開くと、さすがに修理は不能とのことであった。しかし、まだしばらく使えそうである。

 

 いま掛けている眼鏡の前に、OLIVER PEOPLESのDawsonというボストン型の眼鏡を使っていた。度が合わなくなってホコリを被っていたが、先日、旅行の機会があって、やはり夏にサングラスが欲しいと思うようになった。結局、カラーコントロールレンズなる、紫外線の量で色が変化するレンズを入れることにした。JINSにて、レンズ交換を依頼した。掛けてみると、日差しの下では眩しさが減ずるくらい濃くなるのに、屋内に入ると数分で色が消えてしまう。なんとも不思議で便利なレンズである。これから、Dawsonには外出用の眼鏡となって再起してもらうつもり。

 

 読み終わった漫画を200冊ほど、ゆうパックで実家に送った。と同時に、読まず嫌いしていた、電子書籍iBooksで導入してみた。慣れると意外と読みやすい、というのが率直な感想だ。本は、ノンフィクションはまだまだ電子化が遅れている印象。しかし、小説と漫画はほぼすべてが揃っている印象。というわけで、今後はどうしても、電子書籍化されていない本だけ、紙で買うことにした。難しめの本なんかは、紙で読んでいると目が疲れてくるが、むしろ電子書籍のほうがさくさく読めるまである。漫画については本棚を専有してしまうのがもったいないと思った。

 

 メインにしている生活費が入っている口座の、Visaデビットカードを作ってみた。今までは、クレジットカードが嫌いであって、なるべく現金で生活していた。クレジットカードは、使った日と引き落とされる日がずれていて、家計簿をつけていて、わけが分からなくなったり、思ったよりお金があると誤認してしまう元凶であった。現金は現金で、急な出費に対していちいちお金を下ろしに行かねばならず不便を感じていた。デビットカードは、使うと、即座に口座の残高が減って確認に便利だ。この頃、生活口座のスマホ通帳アプリも入れたので、本当に簡単に、いま残すところいくらが口座にあるのかわかる。これからは、Visaデビット>現金>クレジットカードの順に使うようにしたい。あとはApple Payがデビットカードに対応してくれれば、マネークリップで生活もできそうものなのだが。

 

 テレビを、普通に生活していて本当に観ない。いっそ処分しようかなと思っていたが、MacHDMI接続して巨大モニタとして運用する使い方を思いついた。iTunesでレンタルした映画を映してみるもよし、dアニメストアでアニメを映すもよし。幸いワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、ワイヤレススピーカーもある。まだまだテレビは使えそうにあるようである。