うつわ屋さんで珈琲を飲む

 日々忙しくしていると、貴重な毎日が雑になってしまう気がする。やはり、近況について、定期的に報告して思うところを内省せねばならないと思う。

 今日は時間があり、近所のうつわ屋さんでラテを飲んだ。さまざまな作家のうつわがセレクトされている、こじんまりとした店である。白を基調とした店内は、天井が高く、古材をリメイクしただろうデスクのうえに、やや隙間を空けてうつわが並んでいる。夫婦でされているみたいだ。実は何回か訪れていて、気に入ったうつわを、幾ばくか買ったこともある。個人経営の小売店で何も買わないのは、やや冷やかしな印象がして苦手だが、ここへは珈琲を飲むのを口実に定期的に来て、新入荷をチェックしている。店の人が気さくなので、近所のスポットを教えてもらったこともある。

 食器は、100均の樹脂の食器でも機能的には何ら不満はないはずである。安くて、金銭的に合理的だ。でも、身の回りのものが100均で揃えられるからといってそうはしない。なにか違和感がするからだ。ここには、合理性の行き詰まりを感じる。正論とか、合理性だけを食っていては、人は息が詰まるのだ。健康的には悪かろう、でもたまには塩辛いラーメンをスープまで飲み干してみたりしたい。

 ファストフードとか、コンビニとかは人を捌くことに特化した、合理性の塊みたいな施設であると思う。デフレ下に薄利多売でを利益を目指すなら、効率をあげるほかなく、不要なものを削ぎ落とすのが道理なんだろう。個人的にはファストフードのハンバーガーは、味が好きである。しかし、まるでベルトコンベアのような無機質な商売に、違和感を感じる。そこでは顔が見えない。顔は、捨象される。全然、ありがたみが浮かんでこない。個人経営のカフェで出されたサンドイッチを食べるとき、自然と作り手が想起されて、美味しそうだな、とかいただきます、みたいな感情が自ずから湧く。これがコンビニで買ったサンドイッチを食べるとき、同じ感情は湧きようがない。個人が捨象された空間では、相手の顔が見えない。さながらSNS掲示板に書き込まれる罵詈雑言のように、容易に思いやりにかける要求、つまり対価以上のサービスが要求されるのではと思う。いま、相対しているのは、システムに組み込まれたレジ打ちマシーンではなく、ひとりの尊重されるべき人間なんだな〜と、デフレが産んだ、0円で最高のスマイルを浮かべる店員を見て思った。