悲しみが夜を駆けていった

近況報告

 近所の、公園でお花見をした。偶然、近所のパブのマスターがなにか催していたので寄ってみると、お花見企画ということでビールサーバーをもってきていた。思わずビールを2杯ほどいただきながら花見をした。珍しいクラフトビールらしく、濃厚な味の一杯と、軽やかだけど香り高い一杯を楽しんだ。

 土曜日はだらだらしてたら終わってしまった。最近使っていなかった、bluetoothレシーバーの存在を思い出したiPhonebluetoothレシーバー→プリメインアンプ→パッシブスピーカーの順に繋いで、部屋のBGMが手元のiPhoneで操作できる。そういえばアマゾンプライムが、値上がりするらしい。アニメはdアニメストアで観ればいいし、近く解約したい。

 やることはあるけど、ない。それどころか早く楽になりたい。午前は、中途覚醒した余韻で眠かった。アークテリクスのシェルジャケットが欲しいな、と検索しながら眠りにつく。戦略的な二度寝を経て、マクドナルドでハンバーガーを食した。わさびの粉つきのポテトはわさビーフの模造品かと思ったがまあおいしかった。新作らしい、いちごのジュースは、いちごのシロップを炭酸水で割ったジュースで、見た目は美味しそうであったが、シロップがあまりにも甘ったるくてあまり好きではなかった。その後は、本屋で本を手に入れた。3冊くらい、欲しいのがあったが、どれも在庫検索機で調べるに、在庫はないようであった。結局、次点で欲しかった本と、いつか買いたかった漫画の新刊、半年経ったものを連れ帰った。サンマルクでコヒを頼んで本を読んだ。帰宅して布団でごろごろしていたら、あまりに何もやる気が起きないまま、夜になってしまい、さてラーメンでも食べに行くかと革のジャケットを羽織ったところでふつふつと鋼の、外食へ行くことに抵抗する意志が湧いてきて呆然と立ち尽くした。ラーメンは一昨日、大盛りを啜ったばかりではないか、と。冷蔵庫の、今日にも消費期限を迎える豚こま肉はどうするのか。まあ、消費期限足すことの1日に目をつむるのはよくやるし、冷凍庫に肉を放り込んでなかったことにする手もあったが。結局のところ、昆布の佃煮と豚こまを味の素と酒で風味を足して炒めて、解凍したご飯に載せて簡易な丼とした。これまた残り物の、サヤエンドウとトマトをカレー粉と塩こしょうで炒めて、簡易な夕食として食べたのだった。偉いなあ。

f:id:nyaa0805:20190414120949j:plain

バジルソテー

f:id:nyaa0805:20190414121000j:plain

中華風焼きそば

 

兎に角主張したいこと

・若くて貴重な時間を浪費している自覚があるが、何をすればいいのか分からない。心は昔のままなのに、外見だけは歳をとって「自分」が解離していく。しかし、やりたくないことをやるほど可処分時間がないことだけは分かる。

・観覧車の、頂点を過ぎて振り返るにさっきの瞬間が頂点だったのか、と気づくように、人生の盛りを過ぎてはじめて、あああのときが人生のピークだったのか、あのときは懸命に生きていたな、と気づく。

・頑張っているつもりの状態が怖い。頑張っていることに酔うと、虚無を生産することになる。あればフィードバックを、なければメタな視点で、今進んでいるのは妥当な方向かを評価する必要がある。

ステレオタイプの奴隷になるのは、頭を使わずに済むので楽だが、思考停止して楽している人間の言うことに耳を傾ける価値はない。

 

読書

 

狼と香辛料XXI Spring LogIV (電撃文庫)
 

 

 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

 

 

水槽の中

水槽の中

 

 

 

良さげなボカロ曲

往年の名ボカロ曲を聴いていて、夜中じゅう、新着ボカロ曲を漁っていたあのころを思い出した。自分に刺さるかどうか、と有名な曲であるかどうか、に関係はない。これから少しずつ、最近のボカロ曲を探してみて読者と共有していきたい。