離れた点と点を結ぶ儚くて歪な形を感情のない声でなぞってみたんだよ

近況報告

 今週は平日何をしていたのかあまり記憶がない。いや、記憶がないのはいつものことかもしれないが。いずれにせよ、月曜日がはるか彼方の事のように感じるので、1週間がとてつもなく長かった気がする。金曜は比較的早く上がれ、知人と自宅でウイスキーを飲んでいた。寝たのは0時を回っていたので遅めか。

 土曜日は10時に起きた。洗濯物など家事をこなし、11時過ぎにスーパーへ買い出しに行った。昼ごはんにマクドナルドでハンバーガーを食した。食料を手に入れて帰途につき、アニメを視聴したりごろごろしたりしていた。夕方から打ちっ放しに行って軽く体を動かし、夜は面倒になって二郎インスパイア系ラーメンを食した。そして余ってた炭酸水で知多を割ってハイボールとした。知多はロックで飲むより割って飲むほうが美味しい気がする。身の回りの世話をこなし、22時過ぎに就寝した。

 今日は6時半に起床した。午前中はダラダラして無に帰した。昼過ぎから出かけることに。ヨドバシで気になっていた五等分の花嫁なる漫画を購入し、ミスドでドーナツを食べて昼食としながら読んだ。ところ、その漫画がたいそう面白くて慌ててアニメイトに駆け込んで既刊4巻をまとめ買いした。高校生の主人公が借金のカタのために同級生の五つ子の女の子たちの家庭教師をするというストーリーであって、絵がとても綺麗で、話の展開も早く、ラブコメ漫画にありがちなだらだらした感じがなく(なぜなら、物語は五つ子のうち誰かと結婚式を迎えた主人公の回想という形をとっているので、最終回までプロットが完成していると思われる)、ラブコメが好きな人にはお勧めしたい。カッフェに移動して漫画を読みつつ本日のライブに一緒に行く知人と合流し、カッフェでしばらく互いの近況など話し込んだあと、the band apartのライブを観に行くことに。ライブは後述する通りとても満足いくものだった。17時半開演で、20時に終了し、帰りにゴーゴーカレーにてカレーを食し、帰途についた。しかし、日曜日のライブは翌日に平日が控えているので心から楽しむことができない。ライブは夢とか魔法みたいなもので、会場から一歩外へ出ると、夢から醒めて、再び現実と向き合わなければならないところが侘しい。

 

 

the band apart 20th anniversary request tour

  バンアパのライブに初めていったのは、アルバム Scent of August のツアーに、高校2年のときに行った記憶がある。地元の、キャパにして50人規模の、本当に小さい箱だったので、あり得ないくらい近くで観ることができたときのことを今でも思い出す。今日のライブは20周年記念ツアーということで、事前に投票が行われ、投票結果をセットリストに反映させるという趣向だった。全20曲くらいの演奏で、上位15曲のうち半分くらい演奏されたと思う。Scent of Augustからはphotographが演奏され、思わず当時を思い出した。最近の曲から往年の名曲まで縦横無尽に聞けて、とても楽しかったし満足した。バンアパは技巧派なバンドなので、CDで聴くのも悪くないけど、兎角ライブ映えする曲が多いと思う。2回目のアンコールでは、9月に半数くらい再録のベストアルバムとトリビュートアルバムが発売されることがアナウンスされた。末永く続いて欲しいバンドだし、これからも可能な限りライブに参加したい。

f:id:nyaa0805:20180527222814j:image

 

f:id:nyaa0805:20180527222831j:image

↑撮影許可がおりた後に撮影した写真


the band apart / ピルグリム【MV】

 

 

考え事

  謙虚さを忘れないようにしたい。謙虚さを忘れたら人間として終わりだと思う。多少は自信がないくらいでちょうどいいのではないだろうか。

 思い出はしばしば美化される傾向にある。すなわち悪かった記憶は抜け落ちていって、良かった記憶だけ残りやすい。悪かったことを覚えていても仕方なしに合理的ではある。

 世の中には無数の分岐点があるというのに、選び取れるのは1つの枝だけというところに儚さを感じる。シュタゲ風に言うなら、無限通りの世界線があってその1本を歩いてるのが今の自分である。あのとき他の進路に進んでいた自分がどうなっているか、とても気になる。もしかしたら今の自分より幸せになってるかもしれないし、不幸せになってるかもしれない。

 利己的な人間なので、究極的に他者に興味がない。たとえば道端で知らない人が倒れても、全く救急車を呼ぼうとは思わない。自分には本来関係なしに、善意を振りまいて面倒ごとに巻き込まれるのはごめんである。利他的な行動というのも、巡り巡って自分に利益が帰ってくるという期待に基づく、利己心からの行動ではないだろうか。そんな欲望とは一切無縁な、正真正銘の利他心をもった人間がいたら、それは心の底から尊敬に値する。

 

 

読書

 

五等分の花嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)