11/20-11/26

近況報告

 今週は特にイベントもなく、大過なく過ごした。今、アニメでやっている妹さえいえばいいの原作小説を読んでみたのだが、なかなかテンポ良く進んでおもしろく、2巻、3巻と読んでみたい。後はハヤカワSF大賞の小説2作品が刊行されたということで、コルヌトピアを購入。構造素子の方はこれが読み終わったら買いたい。

 ポリクリでは病理診断科を回っていた。朝の集合が遅くて帰りも早く、空き時間には自分の勉強が進み、科の先生たちも教育的だったので、なかなか有意義な一週間になった。病理画像も少しばかり読めるようになってきた気がする。映像講座は、神経を終わらせて循環器に入った。これはどの科についても言えることだと思うが、総論と各論があったら、総論の勉強に時間を割くと各論の見通しが立ちやすいのではないかと思った。やはり正常構造(解剖生理など)を知らずして異常(病態)は語れないと思うので。

 週末について。土曜日は9時にアラームをセットしていたのだが、どうやら無意識のうちにスヌーズを切っていたらしい。結局起床したのは10時を過ぎてからだ。エアコンをきかせているからと、シャツ一枚で布団に潜り込んだのを後悔する寒さと、カーテンの隙間から漏れてくる、秋なのか冬なのか曖昧な境界の季節の、陽の光にあてられて目が醒める。だらだらと寝ていた間のタイムラインを遡り、favをつける、繰り返される日課を終えて離床するころには、11時を回っていた。今日はこれから出かけるつもりだ。起き抜けに濃いコーヒーを注いで、それを飲みながら出かける支度をする。デニムパンツに黒のタートルネックニットを合わせ、黒の革靴をつっかけて先日求めたばかりのベージュのトレンチコートを羽織り、外に出た。外は日差しも手伝って思いのほか暖かいようだ。自転車にまたがって駅へ向かい、電車に乗り換える。駅に着くと、ちょうど電車が出たばかりで、少しばかり待たされて快速電車がきた。しばらく電車に揺られて秋葉原に到着する。土曜の昼過ぎだけあって秋葉原はもう人でごった返していた。行きつけのラーメン屋を覗いてみたけれど、空腹の具合から長蛇の列を前にひるんでしまい、結局適当なケバブ屋で、牛肉とピリ辛のソースがたんまり挟まれた、食欲をそそるケバブサンドを食す。お腹を満たした後は、同人ショップを散策することにした。今日発売の漫画と、ライトノベルを適当に見繕って購入する。何軒か店を冷やかした後は、いつものカッフェに入り、シナモントーストと深煎りのコーヒーを注文した。シナモントーストはたっぷりのバターに砂糖が塗りたくってあって、シナモンが芳しく、届いたそばからあっという間に4切れ平らげてしまう。深煎りのコーヒーはネルドリップで丁寧に淹れてあって、よく見ると液面に油分が浮いてるのが光の反射の加減でわかり、家で淹れるのよりコクがある。あったかいコーヒーをちびちびとやりながら、イヤホンをかけて、最近ライブを観てから熱が再び高まってきたthe band apartのアルバムを適当に流し、家から持ってきた本を読み耽ったり、携帯を眺めてネットサーフィンにしばし没頭する。日も傾いてきたころに退店し、夕食を食べることにした。あまり深く考えることなく、二郎インスパイア系ラーメンへ足を伸ばした。ほろほろの豚に齧り付く幸せといったらない。その後は最近よく行くバーへ。雑居ビルの二階の一室にある、広さ10畳ほどの、飲食業の営業許可が取れているのか怪しげな、文字通りの隠れ家バーである。3時間ほど店に居たが、遂に自分以外の客は現れず、マスターと話したりしながらブラックニッカ、アドベック、グレンフィデックなどスコッチを中心にウィスキーを何杯か飲み、終電を待たずして店を出た。雲ひとつない、澄んだ吸い込まれそうなくらい真っ暗な夜空を見上げながら、酔っ払いらしき集団と一塊になって駅へと戻った。はやる気持ちを抑えきれず、今日買ったばかりの、お気に入りのシリーズのライトノベルにさっそく目を通していると、思いの外すぐ最寄駅へと着き、すっかり人気のない寒空の下を自転車を漕いで帰宅。寝る準備を諸々行ったあと横になると、日がな一日歩き回っていたので、心地よい疲労感に包まれて、そのままひと息に眠りへと落ちた。

(↑以上、随筆風の文体を目指してみたのだがどうだろうか)

 今日はというと、8時に目覚ましをかけた甲斐なく、11時くらいに起床。その後はまず本屋へ。ファッション誌(FUDGE、CLUEL)の新刊や料理本を立ち読みして、スーパーで食料を買いだし、ついでにパン屋に寄って朝食を調達した。家に帰り、コーヒーを淹れてしばしサノバウィッチ(PCゲーム)をプレイ(買ったのが去年の12月末のことなのでもう一年弱経つのだが、なかなかプレイする機会がないんだか面倒くさいんだかで、遅々として進まない)。メインヒロインの√を無事エンディングまで見届けた。その後は音楽をかけながらベッドに横たわってラノベを読むなどしてうだうだしていた。シャワーを浴び、荒れた部屋を片付けて軽く拭き掃除し、夕食を作って今に至る。夕食は桜えびと紫蘇のパスタと水菜のコンソメスープを作った。パスタの方はバター、白ワイン、醤油でたまねぎを炒めて火を止め、茹でた麺と絡めて桜えび・紫蘇と合わせ、追いバターを加えて完成である。水菜のスープには、先日ソテーを作った時に余ったので茹でて茹で汁ごと冷蔵庫に保存しておいた鶏もも肉を加えた。茹でた肉というのは、冷蔵保存すると腐らずにいい感じにタンパク質がアミノ酸などに分解され、旨味が増すので、これを利用してみた次第であり、なかなかおいしかった。この記事を書き終わったら勉強、アニメ視聴、読書などをして過ごして寝ようと思う。

f:id:nyaa0805:20171126192213j:plain

f:id:nyaa0805:20171126192254j:plain

 

読書

 

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

 

 

 

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)

 

 

今週の一曲

8年くらい前のボカロ黎明期の曲。ギターとドラムが好き。


Hatsune Miku - [It's not] World's end (English & romaji subs)