8/21-8/27

近況報告

 今週はCBTの本試があった。9時過ぎに集合し、諸注意を受けた後、1ブロックにつき60分の試験を6ブロック受け、18時ごろ解散の運びとなった。一見、試験時間がやけに長く思われるが、1ブロック解くのに自分は見直しも込みで30分ちょっとしかかからなかったので、ブロック開始から30分過ぎると退出できるので、どんどん途中退出しては休憩していた。休み時間はまとめノートをパラパラ眺めていた。試験はかなり厳正に行われていて、大学の外部からモニター委員が来たり、携帯や時計を誤って所持していると即失格になったりする。問題も外部に決して漏らさないように勧告される(といいつつ巷にはCBT復元問題集なる問題集が存在し、受験生は皆それを使って対策するのであるが、どこからどう復元されているのかはゲフンゲフン)

 さて、試験自体は模試よりは簡単だったかなという印象。得点率は模試が75%ほどだったので削除問題を考慮すると80%はあるのではないかと思うが、6ブロック目の4連問が難しくて結構落とした気がするので、結果はそれ次第だと思われる。順位的には学年の半分ではないかと思うが、結果が帰ってきたらここに載せてみたい。試験の準備は概ねうまく行ったと思う。4月にだらだら勉強を開始し、7月まで頑張って8月は燃え尽きていた感はあるが、まあ裏を返せば焦らず済むように計画が立てられていたということでもあるので(当たり前といえばそうであるが、CBTの成績は国家試験の合否と相関があるらしいので、いい成績であって欲しいという思いはある)。

 CBTが終わってからは、ひたすらOSCEの対策を行っている。OSCEは医療面接、全身状態とバイタルサイン、頭頸部診察、胸部診察、腹部診察、神経診察、四肢と脊柱診察、基本的臨床手技、救急からランダムに6つ(医療面接とかは必須だったと思う)出題される(何個出題されるかはは大学によって違う)。対策としては、人対人で交互に診察しあうのを繰り返している。CBTが終わってから毎日朝から晩までみっちりやっているので、だいぶ型は身についてきただろうか。あとはランダムにテストし合うなどして、細かいところを詰めていきたい。試験のときには評価者がずらずらっと並んでいてかなり緊張すると聞くので、何も考えずに手が動く域までできなければならないと思う(視診では所見を必ず述べなければならないのであるが、自分はよくなんだったっけとなるので視診がとても苦手であるようである)。

 今日は午前にOSCEの練習相手が捕まらなかったので、前から行きたかったカッフェに行ってきた。内装の写真を撮り忘れたのだが、大正時代の建物をそのまま使っているカッフェで、文化遺産だかなんだかになっているらしい。カレーを食べたのだが、トマトベースの優しい味でなかなかおいしかった。コーヒーの方はというと味は普通だった(ふいんきがいいタイプのカッフェだったので、味には目をつぶろう)。夜はレンタルショップにて今期アニメーションのOP、EDをまとめ借りしてきた。

 

f:id:nyaa0805:20170827234644j:plain

 

読書

主人公がイラストレーターの、近頃流行りになっているいわゆる業界モノ。日常系ライトノベルが好きな人は読んでおいて損はないかと。

 

今週の一曲

DECO*27を聴いていると、無限に高校生だったときのことを思い出す。

歌詞が可愛い。


DECO*27 feat. Hatsune Miku | ショコラビーツ