6/26-7/2

バイト

今週は2年強勤めた塾講のアルバイトの最後の勤務だった。もともと6月までの勤務にしようと決めていた。時給はまあまあで、欠勤したいときも事前に申告すれば代わりを探せだなんて言われなかったし、報告書を書いている時間にも時給は付いたし、かなりホワイトな職場だったと思う。中高生相手に教科としては全科目教えていたが、理系が教えられるのは重宝がられるらしく、よく数学を教えていた。実は数学に関しては受験生だったときから滅法苦手なのだが、来る生徒のレベルがそんなに高くなくてなんとかなっていた(今は数学は課程が変わってしまったようで、新課程の問題を持ってこられたときは流石に苦労したが)。蓄えは作ったもののやはり安定した収入がなくなるのは不安である。兎にも角にも人を教えるノウハウは身についた(と思っている)ので、落ち着いたら家庭教師でもはじめようかしらと思っている。

  

読書

 ・楽園への清く正しき道程

先週1巻を読んだので、今週は2巻、3巻、最終巻まで読んだ。内容としてはひょんなことから仕立て屋の主人から国王になった主人公が次々に愛妾をもうけてハーレムを構築する話。ライトノベルにファンタジーは数あれど、剣も魔法もないファンタジーはなかなかないので新鮮だし、ライトノベルにハーレムものは数あれどハーレムを完結させたものは他にないと言って過言ではないのでグッときた。あとがきを読んでいると、なんでも作者はもうこれ以上小説を書く気がないらしく(Twitterで生存は確認した)て、ちょっと残念(病気が転移したとか再発したとか書いてあるので、悪性腫瘍で余命宣告を受けたのだろうか)

 

・認められたい

 認められたい欲求、すなわち承認欲求と所属欲求(=ツイッタラーがクラスターだの界隈だのを形成したがる根拠)がテーマの本。精神科医が書いた本だけど、レファレンスはなくて、エビデンスに基いているわけではない。著者によれば承認欲求は食欲のようなもので、貯められず、限界効用逓減の法則に従ってエスカレートしがちであるという(まさにアルファツイッタラー)(「今この瞬間ハッピーになれるとしても、後になって公開する可能性が高い」)。一方で、承認欲求には負の側面が見出されがちだが、承認欲求は誰しもにあってしかもなくすことはできないので、うまく扱って(=承認欲求の達人になる)自分を成長させるモチベーションに転用するべきだとも説いていて、承認欲求と所属欲求のバランスを考えろとも説いている。承認欲求は誰にでもあるものなので、誰かから褒められたら、同じくらい相手も褒めるべきだという話は全く同意(ふぁぼりふぁぼられ生きてゆく)。

 

認められたい

認められたい

 

 

週末

週末は概ね家にこもって勉強していた。後は買い物に行って本を買ったりCDを借りたり。CDはだいたい2、3ヶ月に一回くらい纏めて借りるようにしている。終末なにしてますか?の最終話を視聴して喪失感に打ち震えていて、立ち直るのに丸一日かかった(いい作品であればあるほど終わった時のロスが大きい)。また、前から気になっていた近所にあるチーズ専門店なるものに行ってみた。もともと飲食店向けに製造、卸しをやっていたところを手頃な店舗があったので小売もやってみることにしたのだと店員(店長?)が言っていた。かなり豊富な品ぞろえだったのだが、一番プレーンなチーズ(名前は長くて忘れた)を教えてもらって100gを買ってみた。惜しむらくは高い(100gで1000円もした)ところで、酒のつまみにおいそれと食べられるようなものではないが、今度カルボナーラでも作ってみたい(チーズおろし器を持っていないので買わなければならない)。

  

今週の一曲

爽やかな4つ打ちエレクトロポップ。イラストと歌詞がかわいい。


【初音ミクオリジナル曲】イツデモフワリ。【2年ぶり】