6/12-6/18

 読書

「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」の2巻を読んだ。可憐なイラストにホイホイ釣られて1巻を買ったのだが、なかなか好み。高校生の主人公の弓月くんがなんやかんや同じ高校に通う年下の佐伯さんというと同棲するという話。トーリーはあってないようなものだが、(ライトノベルにはめずらしく)佐伯さんが主人公への好意をぐいぐい出してきていて、佐伯さんと弓月くんとの掛け合いが微笑ましい。良い意味で話の起伏がなく、ライトで口触りの良い小説だった。俺ガイルから毒気を抜いた、ポスト俺ガイルのような趣がある。伏線が一応貼ってあって、とても続きが出てほしいと思っているのだが、多分売上げによるんだろう。爆発的に売れる気配はなくて、残念ながらコアなラノベ読者にウケるのが精々だと思う。あとがきにも続きが出ることは明言はされておらず、厳しいのかもしれない。

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 2 (ファミ通文庫)

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 2 (ファミ通文庫)

 

 

映画

魔法科高校生の劇場版を観てきた。原作は10巻と少々まで読んでいて、アニメは全話視聴している。尺の割に内容が詰まっていたのか頭が追いつかないところがあったが、全体的には良くて100点満点中120点だった。アニメを観ていた人なら楽しめると思う。アニメでは舞台がほとんど学校だったのと打って変わって、今回は一行のバカンス先が舞台ということで、女の子たちの私服姿が沢山描かれていたところと、EDのGARNiDELiAの曲がかっこよかったところが個人的にポイントが高い。久々に原作の続きを読んでみたくなった。

 

ビーカー

最近アイスコーヒーをよく作るので、コーヒーサーバー用にと思ってHARIOの500mlビーカーを購入した(マグカップ程度の大きさだと、200ml抽出して氷を入れるとカップから溢れそうになるので、サーバーが必要になるなと思った次第)。のだが、手持ちのドリッパーより若干サイズが大きくてやらかしてしまった。使っているドリッパーの半径が定規で測ってみたところ10㌢で、ビーカーの半径がネットでは9.6㌢と記載してあったのでいけると思ったのだけれど、その9.6㌢というのはどうやら外径ではなく内径を示していたようで、ぎりぎり収まらないという結果に。まあずらせば使えないこともないが…

 

紅茶

コーヒーばかり飲んでいては芸がないと思って紅茶に挑戦してみることに。ポットに茶葉を入れ、お湯を入れて蒸すだけなのでコーヒーよりよほど敷居は低いと思う。アッサムを買ってきてさっそく淹れてみたのだが、アイスティーにするために氷を入れると大分味が薄まってしまうようで、濃いめに入れるために茶葉を増やすか抽出時間を長くするかしなければならないようだった(ガツンと来る味が好みなので)。あとアイスにするならダージリンのほうが香り高くて良いのかなとも思ったり(いろいろ試行錯誤するのも楽しみのうちだよね)。

 

外出

今週は月曜、火曜、木曜が全休だったので月曜に秋葉原へ。以前からメイド喫茶に興味があったのでキュアメイドカフェというところに行ってきた。場所は末広町駅近く。様々なアニメと頻繁にコラボ企画をしている。硬派な純メイド喫茶なので、萌え萌えな雰囲気ではなく、本当に給仕している人がメイド服を着ているだけのところだ。店員は美人な人が多かったと記憶している。ランチを頼んだのだが、1000円でパスタ(量は少なめ)、ドリンク、ミニデザートが付いて来る。次にCafe asanというやはり末広町近くのカフェでパンケーキを食べた。パンケーキは注文してから焼きあがるまでだいたい30分かかるので要注意。RとSサイズがあってRサイズを頼んだのだが、半端でない量の生クリームが乗ってきて驚いた。欲を言えば生クリームがもっと甘かったらなあというところ。その後は秋葉原を散策し、えっちぃ本を2冊ほど購入した後、新宿にてロースターを新規開拓し、豆を購入。オープンにはしていないようだが、豆を買った人にはコーヒー一杯のサービスがつくようなので通ってしまうかもしれない。夜はそのまま酒を飲んで帰宅した。

 

勉強記録

QBvol.3の半分(2周目)まで解いた。計画では今週末までにvol.3が丸々終わることになっているので遅れ気味である。どこかでブーストをかけて遅れを回収しないといけないなと思う。来週から9時5時で毎日拘束される実習がはじまるのでますます時間がない。何日か閉館まで図書館に篭もる日を作っても良いかもしれない。

 

今週の一曲

最近注目している同人トラックメイカー。何度か即売会にお邪魔している。残念ながら今度の夏コミには落選してしまった?らしい。この曲はいわゆるglitch hop。

www.youtube.com