5/15-5/21

週末にやるべきこと
今週のレシピを考える
掃除(ローテーションを組んで)
勉強
お出かけ、買い物
読書
アニメ視聴

運動

 

おすすめバン
メゾネットメゾン 地下鉄のトポロジーhttps://youtu.be/gKdop1tozWA

メゾネットメゾンの前身はウサギトネコであって、コンポーザーが同じでボーカルが代わったかたちだ。こういうエレクトロポップみたいな、打ち込みと生楽器が共存している音楽が好きなのかもしれない。先日M3という同人音楽即売会に行った時に新譜を購入した。

 

勉強

 今週はQBのvol.4を終わらせた。
 やはり学習の初期はパターン認識とtechnical termの習得を完成させる作業(もはや作業)に尽きると思う。Aというkeywordを見たら即座にAの定義(意味)と関連知識B,C,Dを想起するというように、頭の中に芋づる式のmind mappingを構築する必要がある。パターン認識は語学に当てはめるとvocabulary buildingに相当すると思う。語彙の蓄積が語学の根幹を成すようにパターンの蓄積が学習の根幹をなすと思う。型通りの典型例ばかりが試験で出るとは限らないが、典型例のstockがなければ知識の肉付けができないし、応用問題といっても典型例の組み合わせで解けることが多い(さらなる発想を求める問題は他の人も解けないので余裕がある人だけ手を出せば良い)。そして繰り返しになるがパターン認識を仕上げるには高速反復練習するしかない。こういう線結びの知識が基礎問題を扱うのに必要なのであって、そもそも線を描けなければ応用問題を扱うのに必要な面の知識までstep upできないと思う。
 客観式問題を解くときはまずなんとなくでもいいから正答を選べる状態になる必要がある。その次の段階としてなぜその選択肢が良くて他の選択肢が駄目なのか、他の選択肢はどういう意味なのか、どういう場合に正当たりうるのか理由を説明できるという段階に達すると良い(問題を吟味して考えればわかる問題なのか知識一発問題で丸暗記するのか要判断)。この段階を以ってその問題を習得したと言っていいと思う。理解するとはすなわち自分の言葉で説明できるということに他ならないからだ。説明できる知識は生きた知識であって自由自在に使いこなせると言っていい。問題集に載ってる問題を味わって咀嚼することで字面をなぞる状態から説明できる状態に持ってこれるのである。その意味では一度解いた問題を放置したりあれこれ違う問題集に手を出すのは得策とは言えない。肝要なのは知識をいかに深化させるかであるから。
 客観式問題は完全に◯とも×とも言える根拠がない△の選択肢が混ざってくるところが難しいと思う。特に◯に近い△を並べられた時、◯と△にどう優先順位をつけるのか、こればかりは考える他なく知識だけでは答えが導き出せないので、普段どれだけ思考の訓練をしているかが試されると思う。

 

手技が苦手
切開1つとってみても、無菌的操作を達成するために守るべき順番や作法があり難しい。器具を開封する順番とか、いろいろ気をつけなければならない事項があって必ず何かしらやらかしてしまう。採血もこれまで何度かやってきたが一発でちゃんと逆血がきた試しがない。手技全般が苦手なんだと思う。デモンストレーションを見てそれを1回で再現するというのがとてつもなく苦手。体で覚えるのが苦手なのである。体得するには座学と同じように考えずに手が動く境地に達するまで反復練習する必要があると思う。が、後でいくらでもやり直せる座学の勉強と違って、こういう手技は環境がないとできないものなので、わずかな実習時間に習得しずっと覚えている必要がある。教習用のビデオはあるにはあるが果たしてビデオを見ていれば手が動くようになるのか?疑問。(採血や縫合は臨床実習前に受ける実技試験の出題範囲になっている)